料理すること食べること育児のこと 日々奮闘中


by 1222-0329-0715
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

シュタイナー教育

10日~18日までクレヨンハウスでシュタイナーフェアというのをやっています。


モデルの日登美さんの講演「わたしの子育て」と
UAさんとシュタイナー学園校長の秦理絵子さんとの対談 「シュタイナーの学校って、どんなところ?」
を聞きに行って来ました。

日登美さんは4人の子持ちのお母さん。
20代前半で出産~子育てと経験しているからかとっても説得力のあるお話ばかり。


私の勝手なイメージですが、日登美さんといえばマクロビオティックやローフード、ヨガやシュタイナーなど自然育児をがんばってるいるというイメージでしたが一変しました。


何事も(マクロビオティックやシュタイナー教育など)これでなくては!!と根詰めてがんばってしまうと何のためにこれを選んでやっているのか意味がわからなくなってしまう。

初心に戻ってなぜこれらをはじめたのかを思い出して柔軟に実践していくことが大事。

どんな育て方でも子供のことを大事と思っている気持ちは一緒。

たとえコンビニのおにぎりを子供に買ってしまうことがあっても、そのおにぎりを一番良い状態(状況)で食べるようにしてあげる。

など本当に当たり前だけどなかなか気づけない事が多く、何度もうなずきながら聞きました。
とても柔軟で芯のある女性だなって感じました。

UAさん秦理絵子さんとの対談は少し遅れて途中から参加した上に息子の機嫌が悪くてじっくり聞けなかったけど、なぜテレビがよくないとされるのかやシュタイナー学園の入学式の様子など、実際にシュタイナー学園に通わせている親と先生という立場での話しはとてもリアルなお話ばかりでした。


シュタイナー教育に関しての簡単な本は読んだことがあっても実際体験している方の生の声を聞く機会がなかったのでとてもためになりました。

今回の講演に参加してシュタイナー教育に関してというより、今までの自分の子育てをも認めてもらえた様な楽な気持ちになれて、今後の道筋を照らしてもらえた感じがしました。
[PR]
by 1222-0329-0715 | 2009-10-16 14:40 | 子供のこと