料理すること食べること育児のこと 日々奮闘中


by 1222-0329-0715
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

粉三昧

最近は粉にまみれて色々作ってます。


a0112621_23564861.jpg

とちおとめのクッキー


a0112621_2356517.jpg

ビスコッティ



a0112621_23565270.jpg


とちおとめとカシューナッツのベーグル
(りんごとレーズンの酵母)

ビスコッティは強力粉バージョンと薄力粉バージョンで食感が変わるので、その時の気分で変えたり。
次回は酵母でもやってみようかな。
[PR]
# by 1222-0329-0715 | 2011-04-15 23:49 | お菓子

パン祭り

震災の後、お店から色々な食品が消えました。
被害が少なかった私の住む横浜のスーパーでさえも棚はすっからかんでした。

一番困ったのはパン。
パン好きの我が家では毎朝パン派なのです。
さすがにいつも買っている天然酵母のパン屋さんは大丈夫だろうと思っていたら見事に完売。

それじゃあ作れってことか!
って事で、一ヶ月以上放置していたりんご酵母を使ってみることに。

予想外にとっても元気な酵母になっていて、シンプルな丸パンもふんわり美味しく焼けました。

その後も2日置きに焼き続けています。
これならわざわざ買わなくても家にある物で何とかなるなぁと実感。



a0112621_2034431.jpg

ちょっと焼き過ぎちゃった丸パン


a0112621_2034877.jpg

旦那のおつまみ用のチーズを入れたパン


a0112621_2034103.jpg

全粒粉入りのパン


a0112621_20341110.jpg

豆乳食パン


a0112621_20341362.jpg

ほうれん草とチーズのパン

その他にも豆乳ベーグルやカンパーニュも焼きました。

日によってストレート法で作ったり、中種法で作ったりして味や膨らみ方の変化を楽しんでます。

震災後、ずっと家に閉じこもりっきりだったので私にとっていいリフレッシュ法だったのかも。
[PR]
# by 1222-0329-0715 | 2011-03-22 20:07 | パン

ムスメの出産記録

最近はツイッターの近況報告で済ませてしまって、ブログはしばらく放置気味になっていました。

昨年12月24日クリスマスイブに第二子を出産しました。
忘れないうちに出産の記録として残しておきたいと思います。(といいつつ、2ヶ月以上経ってますが・・・)



妊娠がわかったのは4月後半ころ。
ちょうど仕事に復帰したばかりでした。

息子にも新しい命の誕生の場に立会って欲しいので、自宅出産を希望。
今回も息子の時にお世話になったカリスマ助産師がいる助産院へお願いしました。


この頃、息子の断乳や仕事&家事&育児の両立などで夫婦喧嘩が絶えず、出口のない行き詰った日々が続いていました。
息子も夫婦喧嘩が原因で高熱を出したり、何度も風邪を繰り返したりしていました。
これじゃイカンと思い、夫婦でブリージングのセッションを受けることに。

全3回のセッションでお互いのの本質に気付き、喧嘩しても即解決出来る様になれました。
なんだかんだ言いながらも3回とも付き合ってくれた主人と、一緒にその場に付き合ってくれた息子に感謝です。

こうして色々な事がスムーズに流れ始めた頃には臨月を迎えていました。
自宅出産と考えていましたが、最終的には私の性格や息子のことを考えて助産院の部屋を借りて出産することに決まりました。

23日は助産院での年に一度の感謝祭。
まだ産まれそうもないなと思い、最後のご馳走を頂きに家族3人で参加。
素敵な歌や物語の朗読、おいしいパンや料理の数々を堪能し、最後に予定日の近い妊婦どうして写真を撮ったりして帰宅。

翌日24日。
朝7時に息子に起こされ、バタバタと朝の準備。
ん?なんか生理痛のような痛みが。陣痛かも?
主人には会社をどうするか迷った末、休んでもらうことに。
8時頃。一時間しか経ってないのに結構強くなってきてお風呂に浸かっていたい状態に。
お風呂に浸かると陣痛が和らぎ、リラックス出来ました。
このまま出産になりそうだったので洗髪もしておかなきゃとか色々しておかなければいけないことを陣痛の合間にこなしていると、なんだか5分~8分間隔に!

再度痛みを和らげたいとお風呂に入るも、耐えられないくらいになってきていたので助産院へ連絡。9時半頃。

準備が出来ているとの事で入院準備をして向かう事に。
あれ?こんなに陣痛って痛かった?と思っていたら、あと30分くらいで産まれそうよ。と言われ驚くのと同時にほっとする。

息子のときと違って、おしるしも出血も全くなかったので、まだまだ産まれないものとばかり思っていたので本当に安心しました。

11時32分3393gの女の子が産まれてきました。
自己主張の強そうな元気な女の子。

主人にも息子にも応援されてとっても素敵な時間でした。

今回も息子のときと同様、臍帯血が流れきるまで待って主人に臍の緒を切ってもらいました。
記念に胎盤も夫婦で味見。
噂通り馬刺しの様な味でした。

産後は実家の母に付き添ってもらい、久しぶりに親子水入らずの貴重な時間が過ごせて母の偉大さや温もりを私も実感できました。

退院後はバタバタした日々が続いていますが、本当に素敵な体験だったなぁって思います。
[PR]
# by 1222-0329-0715 | 2011-03-09 22:40 | 子供のこと

祝2歳!!

15日に息子が2歳を迎えました。

誕生日前日から39度以上の熱が出ていてぐったりしていましたが、当日朝は37度台まで下がっていたので午前中は保育参加で3人で保育園に行きました。

保育園では園児全員が集まって息子に歌を歌ってくれたり、ケーキのオモチャをみんなでデコレーションしてプレゼントしてくれました。
その後は同じクラスの子供達と一緒に公園に行き、私達も給食を頂いて帰って来ました。

夜は家族でお祝い。
今回は米粉のココアスポンジに豆腐クリームでデコレーションしたケーキと息子の好きなアンパンマンのプレートを作りました。



でも夜になると主人も息子も熱が上がり、みんな食が進まず・・・。
結局、ほとんど残されちゃいました。
[PR]
# by 1222-0329-0715 | 2010-07-19 22:02 | 子供のこと

子供の病気

お久しぶりです。
ドタバタと毎日が過ぎ去って気がついたら3ヶ月以上更新していませんでした。

4月から前まで働いていたカフェに復帰していて、目まぐるしい日々を過ごしています。

パソコンやテレビを見る時間がほとんどなく、総理が代わったのも2日後に知りました。
これはさすがに焦りました。

息子も4月に保育園に入園し、最近はやっと慣れてきて楽しそうにしている様です。
覚悟はしていましたが、保育園に行く様になって以前よりも体調を崩しやすくなりました。
今回で2度目。

毎回風邪をひくと私も高熱でうなされる息子と一緒に闘い、治る頃には私がダウン。
ホメオパシー治療をしているので出来る限り薬は飲ませたくないし、理解してくれる病院がないので病院へ行く腰が重くなっていました。

今回第2子を妊娠し、再び息子のときにお世話になった助産院に行くようになり、タイミング良く小児科を紹介してもらったので早速行ってみました。


「神之木クリニック」という内科・小児科・心療内科の診療をしている病院です。
ここの山本先生は、元は西洋医学の先生ですが、今はホリスティック医学としてホメオパシーや波動診断などをやっています。


今回はシュタイナーの治療法の薬(レメディみたいなもの)を処方してくださいました。
お話をしているだけで安心できる様なすごく素敵な先生でした。
いい病院が見つかって本当に安心しました。
早く良くなるといいな。
[PR]
# by 1222-0329-0715 | 2010-06-23 19:23 | 子供のこと